« 2008年11月 | トップページ | 2011年3月 »

2009年9月26日 (土)

駒ヶ根 玉龍飯店のクソ親父

ソースかつ丼で有名な駒ヶ根市。そこに1、2を争う有名店あり!!!

それが、『玉龍飯店』だっ!!!!!!!!!!

一度いってみたかったんだよね、ココ。つーわけで行ってきました、だが!!

おばちゃん「予約してる人?」

俺「?。いいえ」

おばちゃん「あ~ごめんなさいねぇ。予約してないと今日はいっぱいで入れないの」

あっちゃあ、駒ヶ根市人気店を舐めてたわ。そうだよなぁ人気店なら予約も殺到して当たり前。たかだか千円くらいのソースかつ丼ごとき、と思って予約を怠った俺が悪かった。いや、これは俺の認識不足!

ショックを受けていると、「すみませ~ん注文してたものですが~」と予約をしてた客が現れた!その人は、たくさんのお持ち帰りを注文していたのだ。両手にカツ丼を抱えて帰っていく客。俺(ホワ~~~、いいなぁ~~~へぇこのお店はお持ち帰りできるんだぁ)。

そんで平日の定休日じゃない日に、もういっかい出直した。

さすが平日、しかもOPEN時間ギリギリ。すいてる~~♪ガッラガラ。入店すると、おばちゃんが「こちらにどぞ~~」とカウンターに案内してくれた。

俺はミックス丼を注文してみた。観光客向けのミーハー野郎のご用達と言われる「ガロ」との比較が容易だと思ったからだ。

しばらくして運ばれて来たミックス丼を食してみた…「は?」。別に普通じゃねぇか。まずくもなきゃ美味くもない。ガロと比べりゃカツの揚げ方も下品だし、味付けも大雑把。これなら、ガロ、志をじのほうが…。

「まぁいいや、この店は現在じゃ貴重な”お持ち帰り”ができる店だもんね~これからうまく利用しよう♪」と持ち直した。

そんなこんなで食事を終えて、なんか不満足だが料金を払って店を後にした。店の外にでると、玉龍の親父が外で休憩してた。

俺は「エヘヘ」と笑って会釈したが、ガン無視。超ガン無視。俺が店から出てきたばかりの客とわかっていながら!俺(なんぞ、このゴミ虫!!愛想笑いした俺が馬鹿みてぇじゃねぇか!!!天狗かっ!たかだが駒ヶ根市内で評判だからって調子にのって天狗かっ!!!!)とムカつきながら帰った。

俺は、それでも「貴重なお持ち帰りが出来る店」として、玉龍を重宝しようと思っていた。

そんで仕事がひと段落ついた午後、玉龍に電話をいれてみた。お持ち帰りができるなら予約が必要かどうかを確かめる為に。

トゥルルルル、トゥルルル「ガチャ」

俺(あ~よかった。今は14時くらいだけど、いちおう電話には出てくれるんだ~」

親父「ハイ…(←超不機嫌そう)」

(普通、店名くらい名乗れ)「もしもし、そちら玉龍飯店ですか(なんでこっちから確認しなきゃならんの…)

親父「ハイ…(←同じくらい不機嫌)」

俺「そちらってお持ち帰りってできますよね?」

親父「…………いま休憩時間中なんだけどねぇ!!(←怒りをこめて)」

俺(ガッキィィィィィッィインンンンン!!!!!!!)

ガチャ!!!!!

あまりにムカついて電話切ってしまった。休憩中で客の対応する気なきゃ、電話でるなゴミ!!!答える気なく、文句いうために電話でるってどんだけだ!!

二度と行くか!携帯の電話番号もソッコー削除したわ!アホか!客なめんな!

親父はキチガイだわ、あそこ。ネットでみると俺以外でも気分を悪くされた人多数。よくある、ダンナがゴミで奥さんがフォローする夫婦の典型だな。

はやく潰れろ。客舐めて千擦り商売してる店は、一日でも早くなくなれ。つーか病気になれ。

ガロのほうが間違いなく上だわ。混雑した客をこなすノウハウにしても気遣いにしてもな。あそこが人気店なのは、やっぱそれなりの理由がある。

そして玉龍が、いつまでたってもマイナー店な理由もなっ!!!!

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

見合いをさせられた、超怖かった。

1年近く放置してたねぇ。

仕事が忙しかったってのもあるけど、普通に忘れてたwwまぁ自分の日記帳だから、特にアレって事もないんだが。

大きな出来事があったら、自分の記憶に残しときたいって感じて始めただけのブログでニュースの紹介は、何にもなかった時のつなぎくらいにしか思ってなかった。

だから、この流れの自然かねぇ・・・。どーせ見てるのはネット巡回のコメントスクリプトくらいしかねぇしなw。

つぅわけで、衝撃的な事があった。見合いをしたんだわwwwww

見合いって言っても、俺は結婚願望なぞ皆無。

前にコンパで、ツレがオニャノコ達に「結婚願望のある人~~手ぇあげて♪」っつって言った時も「結婚願望って何!?誰でもいいから結婚したいって事?石油の出る国のお姫様だったら俺だって結婚したいよ!でもそういう事じゃねぇだろ?いま付き合ってる人がいてその娘と結婚したいかどうか?なら俺は答えられるよ!?でも相手がいない状態でそんな質問されて答えられる訳ねぇだろ!!」って言う空気読めない俺がだ。

仕事終わって家帰ったら、母さんが「明日見合いだから14時、空けとけ」って言われた。

俺「ハァ?」

聞いてみると近所のオバちゃんが職場の独身女性を紹介してくれるみたいだ。俺は仕事柄出会いが少ないので「あら、いいですね」的なノリで、紹介的なノリで普通に喫茶店に行ったわけ。

そこに来たのは、決して美人じゃないけど大人しそうな普通の女性だった。そこで、軽く会話して次回、ゆっくり食事しましょう的な会話をした。

近所のオバちゃんから電話「あんたの事やさしそうで、イイって!ぜひお付き合いしたいって!」俺は普通に浮かれた。(えへへ~♪彼女ゲットぉぉ~~)

だが、ここで俺は普通に疑問を感じた。(アレ。これってお見合い?それとも紹介だったの?でも、まぁ紹介にせよお見合いにせよ、結婚を意識して付き合えばいいんだろ?俺もいい歳だし、そんなのは常識だよね♪楽勝~~~)くらいにしか思ってなかった。

だが!いろんな人にお見合いについて聞いてみた所、俺の認識が大きく間違っている事に気づかされた!!!!!

お見合いの鉄則その1、セックス禁止

たまげた。普通はダメらしい。体だけ試して「さいなら~」を防ぐのが目的らしい。とはいえ例外もあって、体の相性を重視する相手なら、双方の了解さえあれば可能だということだが、通常は結婚をエサにセックスだけが目的の連中を封殺する為NGらしい。俺には「体もあわせない同士が結婚!?正気の沙汰とは思えない!!」といったところ。

お見合いの鉄則その2、結婚の時期はお見合いから数ヵ月後、遅くても半年後!

俺はこれに一番ビビった!!好きでも何でもない、いきなり合わせられた相手。そんなのと数ヵ月後に結婚だと!?そんな事言われたら男は、結婚のマイナス面しか考えられないだろ!!経済とか生活とか、ただの足手まといが出来るだけじゃねぇか!!!

ここで俺は気づいた、現在のお見合いのシステム。これって女にしか有利なシステムでしかないじゃん・・・・・。好きなだけ女が選り好みするシステムじゃん・・・・。

やばい!!!まずい!!!俺はセックスもできねぇ、あったばかりの女と結婚するボランティアの趣味はねぇ!!!一刻も速く断らねば!!!!!!

俺は次の日に、紹介をとりもってくれたオバちゃんのウチに夜出向いた。

俺「ごめんなさい、俺、アレがお見合いって知らずにあの席に座っちゃいました。俺は結婚願望とかないんです。だからお断りしようと思って・・・・」

オバちゃん「何いってんの!!いい歳した男が結婚願望がない?そんな事いっちゃダメ!!ちょっとは両親のこと考えなさい!!!!!」

超正論すぎて笑ったwwwwwwwwwww

オバちゃん「とりあえず、次のデート決まってるんでしょ!じゃぁ会ってきなさい!そこで相手がイヤなら断りなさい!でも結婚願望がないから、とか言っちゃダメよ!」

ガキの頃から俺のこと知ってる人にゃ頭あがらねぇwww。

俺は悩んだ。こういった事を男のほうから断った場合、その男から数年間、確実に異性運が失せるからだ。俺の人生経験上の法則からだw。恥かくのは男の仕事よ!

楽なのは相手から自然と嫌われる事。だが、俺は対人恐怖症かつ「ええカッコしぃ」なのだ。つまり人から嫌われる事が怖い。敵には、どこまでも冷酷に残忍になれるのになぁ・・・。

そんなこんなでデートの日。俺は無い知恵絞って考えた戦略が「とりあえず楽しく食事して、最後で実は結婚に関していい加減に考えていたから、少し考えをまとめさせて、と告げること」だった。実に男らしく正直な戦略だと思った。

結論から言えばこの戦略は実らなかった。

俺はこの日、酒を飲んだ。「とりあえず楽しく食事する」部分で必要だと思ったからだ。

友達と酒を飲んだ時のように、自分の事を話していった。たとえば「こういった所では譲れない。どうしても突っ張ってしまう。君はどう?そういった部分ない?」「俺は変わったこんな趣味がある!君はどう!?」ここで答えてくれれなければ、腹を割った付き合いができないっていう会話をした。

だが、彼女は決して腹を割った話はしなかった。「いえ、私はその場その場で流されてしまって、自分ってものがないんです」「私に趣味なんてないんです、時間さえ埋まってればそれで満足です」

いかにも表面上だけの付き合いをする時にするしかしない答えばかりだった。まるで優秀なロボットと会話してるだけのようにも感じられた。俺がこんだけ腹割って話ししてるのになんだよ!って思った。

その時点で、この娘は、俺と仲良くする気ないんだな。って思った。もしかしたら今日の宴で俺が首っ丈になったかもしれないのに。急激に悩むのがバカらしくなった。仕事の苦悩まで話したのに・・・。そんな冷めもあって、「結婚願望が無いうんぬん」は話さなかった。

後日、お断りの連絡がオバちゃんから入った。

「あーそうですか!全然いいっすよ♪ありがとうございましたぁ♪」って答えた後、電話切ってガッツポーズを3回とった♪

いやぁ~怖かった・・・・。結果として断ってくれて最高の形で終了できた。俺が結婚する気ないのをオバちゃんから聞いてたのかもしれないが、それでもベストだ。

意図して、腹を割った会話をして嫌われようと思ったわけじゃないのだが、ダメージ:1、 ラッキー:9の割合で素直に嬉しい。

結婚の覚悟ないヤツァ、見合いの席に立っちゃダメだよね・・・。もう二度といくものか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2011年3月 »